会社設立手続き、節税対策のご相談なら「FX法人化・会社設立応援団」へ。北は北海道から南は沖縄まで全国対応可能!

<東京事務所>〒108-0073 東京都港宇三田1-4-28 三田国際ビル 18F
<神戸事務所>〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3丁目1-2 NLC三宮ビル603号B
<大阪事務所>〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5-8 千代田ビル西別館6階FG号

お気軽にお問合せください

0120-66-1465

営業時間

9時~19時 (土日祝祭日は除く)

サポートの内容と料金

FXのための合同会社・株式会社設立は、全国どこでも設立対応可能です。ご安心ください。

FXの投資会社は、節税対策が重要になります。そのため、合同会社(株式会社)の設立は税務顧問を依頼される場合に限らせていただきます。なお、会社設立手続報酬は頂戴しておりません。

合同会社を設立する場合、登録免許税6万円が別途必要になります。設立に関して必要な費用はこれだけです。なお、株式会社を設立される場合には、定款認証費用5万2千円、登録免許税15万円が必要となります。

FX 月次顧問料(会計入力完全サポート)

月額:2万5千円

FX 月次顧問料(お客様入力サポート)

月額:  2万円

FX インターネット会計使用料

月額:  1千円

暗号通貨 月次顧問料(会計入力完全サポート)月額:  3万円
  1. 消費税が別途必要です。
  2. 会計入力完全サポートの場合は、インターネット会計使用料は不要です。
  3. 兼業を含む暗号通貨事業を行う場合は、「暗号通貨」に該当します。

 会社設立後必要となる税務署などへの届出書の提出、決算時の税務申告等、税務上必要な書類の作成提出は、すべて当事務所が行います。お客様はインターネット会計を導入し、自社で経理会計処理を行っていただくか、顧問料は少し上がりますが、会計処理事務の全てを当事務所に委託されるかのいずれかを選択していただくことになります。いずれのプランを選択されても、必要なサポートは当事務所が責任を持って行います。

1.会社設立に当たり、お客様ご自身で行っていただきたいことは、次の通りです。

定款記載事項の決定

会社を設立する際には定款を作成しなければなりません。
会社(法人)の登記事項は全て定款の記載事項でもありますので、定款作成時点で全ての事項が確定していなければなりません。
定款記載事項の詳しい説明は「こちらのサイト」をご覧ください。

お客様に必ず決めていただく必要があるのは次の事項です。

  • 会社の商号(名前)
  • 会社の目的(事業内容)
  • 資本金の額とその出資者
  • 役員(代表社員・業務執行社員)
会社の実印(代表印)の作成

最近は、店舗によっては1日~2日で印鑑作成が可能です。
インターネット通販でも購入可能です。お客様ご自身でご注文ください。
実印は、〔会社設立〕登記申請日までにご用意ください。
会社設立に必要な印鑑は、実印(代表印)だけで十分です。

出資者全員の印鑑証明書1通と個人実印の捺印
出資金の払込

出資金は、出資者が出資者本人名義の銀行口座に入金します。
入金後、出資金を払い込んだ銀行口座の通帳コピーを取ってください。
〔会社設立〕登記申請書に添付する必要があります。
コピーを取る部分は以下のページになります。

  • 通帳の表紙
  • 表紙をめくって1ページ目の、名義人名や口座番号が印字されたページ
  • 出資金が入金され、それを記帳したページ
役員就任予定者全員の印鑑証明書1通と個人実印の捺印
会社の実印(代表印)の捺印

〔会社設立〕登記申請書類の準備は私どもの事務所で行いますが、
〔会社設立〕登記申請書類に実印を捺印する必要があります。

また、役員就任予定者全員の印鑑証明書と収入印紙6万円分が必要です。

〔会社設立〕登記申請書類の法務局への提出

2.会社設立後、お客様ご自身で行っていただきたいことは、次の通りです。

登記簿謄本と印鑑カードの受領

〔会社設立〕登記が完了すると、初めて「登記事項証明書(登記簿謄本)」が入手可能となります。

「登記事項証明書(登記簿謄本)」は、会社の銀行口座開設・FX業者の口座開設などに必要になりますので、何部必要かどうか事前に確認しておいてください。

銀行口座の開設

会社の銀行口座を開設します。銀行によっては、口座開設を申し込んでも直ぐに口座開設してくれません。

審査後の口座開設となり、口座開設までには数日かかる場合もあります。

資本金の払込

定款で定めた資本金を会社に払い込んでください。

資本金は会社の基本財産ですので、払込の事実を明らかにするためにも必ず銀行口座に入金してください。

FX業者の口座開設

FX業者の口座開設に必要な書類は、事前によく確認してください。

パソコン会計の導入

お客様入力サポートのお客様は、当事務所の支援のもと、インターネット会計を導入して日々の取引を入力していただきます。

インターネット会計の仕組みについては「インターネット会計」のサイトをご覧ください。

会計入力完全サポートのお客様は、会計処理事務の一切を当事務所が代行いたしますので、インターネット会計の導入は不要です。

会社設立業務

会社設立に当たり、お客様自身で行っていただきたいこと以外のことは、定款作成・〔会社設立〕登記申請書類の準備まで、すべて当事務所にて受けたまわります。

会社設立後の役所への届出手続き

税務署などの役所への会社設立届出手続きは当事務所が行います。

インターネット会計支援

お客様入力サポートでは、日々の取引内容に関しまして、私どもが一から入力方法をお伝えします。そして、お客様に入力していただいたデータについて、定期的にチェックをさせていただきます。
もし、不都合があればお客様に内容確認の上、訂正処理のご連絡します。

記帳代行業務

会計入力完全サポートでは、会計入力全般や納付書の記載などをすべて当事務所で行いますので、会社勤めで会計入力にお時間が取れない方や、取引に集中したいといったような方は、定期的に会計資料や税務署からの書類を送っていただくだけで日々の会計作業は不要です。

決算業務・年末調整業務

すべて、当事務所で代理作成の上、税務署等へ電子申告処理します。
お客様は会計入力を委託していただくか、インターネット会計を導入し、自社で経理処理を行っていただくだけです。
その他一切の業務は当事務所が代行しますので、ご安心ください。

節税その他の相談業務

会計データにおける利益の状況に基づき、機動的に節税提案を行います。
その他にも、会社運営上の問題が発生したときには、当事務所にご相談ください。

書面添付制度とは、税務申告書を税務署に提出するときに、申告内容が正しいと税理士が確認した書類を添付する制度です。

書面添付があると、税務署は税務調査を行う前に、必ず書面を添付した税理士の意見を聞かなければなりません。これを、「意見聴取制度」といいます。

そして、何も問題がなければ、実際に税務調査が入ることなく税務調査は終わります。FXの法人に書面添付制度は有用です。何故なら、意見聴取時に税理士がすべての経理資料を持参すれば、実質的に税務調査を受けていることになるからです。

もちろん、申告内容が適正であることが大前提になります。添付書面を作成した税理士が虚偽の記載をすると、懲戒処分を受けるからです。

書面添付は毎年継続しないと意味がありません。しかし、副業でFX法人を設立しているケースなど、税務調査を受けることに支障がある場合、税理士に税務調査を代わって受けてもらうのと同様の効果があります。

書面添付の作成報酬は、毎年5万円(消費税別)となりますが、税務調査を受ける煩わしさがある方はご検討ください。

お問合せはこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
ご不明点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

下記のような疑問をお持ちでしたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

  • 今は個人でFXをしているので、税金が高いので、何とかしたい
  • 会社を作れば、節税対策ができるの?
  • インターネット会計を自分でやるのは、大変じゃないの?

親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9時~19時(土日祝祭日は除く)

お問合せはこちら

全国対応可能!

0120-66-1465

受付時間:9時~19時
   (土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちら

ご連絡先はこちら

税理士法人ほはば

東京事務所

〒108-0073
東京都港区三田1-4-28
三田国際ビル 18F

03-6261-5805

税理士法人サポートリンク

神戸事務所

〒651-0084
兵庫県神戸市中央区磯辺通
3丁目1-2
NLC三宮ビル603号B

078-271-1465

大阪事務所

〒530-0001
大阪市北区梅田2丁目5-8
千代田ビル西別館6階FG号

06-6147-6291

事務所案内はこちら

スタッフ紹介はこちら

所長著書紹介

FXトレード会社
設立運営のノウハウ

パンローリング (2015年改訂)

仮想通貨トレード法人
の設立と節税

パンローリング (2018年初版)

Google+